国内外一貫輸送

データマネジメントにより、リードタイムを見える化

ポイント1

シームレスな情報連携で、サプライチェーン全体を可視化

輸入貨物の発注情報や到着予定情報、通関関連情報など、輸入におけるあらゆる情報をデジタル化。End to Endのサプライチェーン全体を可視化し、在庫管理の可視化を図ります。

ポイント2

情報やデータを蓄積し、お客さまのご要望にあわせたリードタイムを実現

ヤマト運輸に蓄積されている、過去の輸入貨物やリードタイムに関する膨大なデータ。これらを活用することで、より高い精度での予測を実現し、調達と生産・供給の適正なレベルを見出しながら、維持・向上を実現していきます。また在庫量を可能な限り低く抑えながら、必要な時に必要とされるモノを、必要な量だけ、適正な状態でお届けする円滑なサプライチェーンを構築。販売機会のロス防止による顧客満足度の向上と、コスト抑制の両立を実現します。

ポイント3

タイムリーな情報連携による、輸入前・輸出後のムダなコストを削減

荷物情報とタイムリーに連携したフルフィルメントセンターを設置することで、リードタイムを予測。
荷物の到着後の段取りを組みやすくし、倉庫やトラック手配などにおける無駄なコスト削減や、在庫の最小化を実現します。

End to Endのシームレスな情報連携でサプライズチェーンを見える化
End to Endのシームレスな情報連携でサプライズチェーンを見える化

サービス

国内外一貫輸送に関するサービス

サービスを探す

業務プロセスから探す

テーマから探す

関連情報

導入事例

セミナー