在庫適正化

店舗とECの在庫管理を一元化し、ヤマトグループの
ネットワーク上で流動させることで効率化を図る

ポイント1

全国に110か所以上あるヤマトグループの倉庫を活用し、アセット費用を最小化

全国各地に自社倉庫を構えるとアセット費用が莫大にかかりますが、ヤマトグループの倉庫を活用いただくことで、お客様のアセット費用を抑えながら、全国の主要消費地への在庫分散が可能に。消費地に一番近い拠点から店舗や個人向けへ発送することで、スピーディーな出荷を実現します。

ポイント2

店舗や拠点ごとの在庫の偏在や、保管数量の最小化を実現

どこにどれだけの在庫があるのかをデータ管理し、需要予測などのデータに基づいて、ヤマトグループのネットワーク上で在庫を流動させていくことで、お客様の販売機会を損なうことなく、店舗や拠点ごとの在庫の偏りや過剰在庫を減らします。

ポイント3

サプライチェーンを効率化することで、トータル物流費を圧縮

サプライチェーンの川上から川下まで全体を捉えて、拠点の在り方から、ミドルマイルやラストマイルのそれぞれ最適な輸送モードを選択することで、トータルの物流コスト圧縮。企業様の経営パートナーとしてキャッシュフロー改善に貢献します。

ヤマトグループのネットワーク上で流動させることで、在庫を最適化します
ヤマトグループのネットワーク上で流動させることで、在庫を最適化します

導入事例

在庫適正化に関する導入事例

サービス

在庫適正化に関するサービス

サービスを探す

業務プロセスから探す

テーマから探す

関連情報

導入事例

セミナー