起きてしまった想定外の自主回収。考えるべきはお客さまに対し、回収の負担をかけないこと

C社様

食料品製造業

リードタイム

業務効率

C社様 C社様

ポイント

課題

  • 自主回収が発生してしまった場合、スムーズに対応したいが依頼先がわからない。
  • 対応が後手に回ることによるさらなる炎上を回避したい。
  • いつ起こるかわからない自主回収に対して備えておきたい。

導入サービス

返品・交換サポート

  • 商品に不具合が発生した際に事業者様に代わってヤマト運輸がお客さまのもとへ速やかにお伺いし、該当商品を回収するサービスです。
  • お客さまはスマートフォンに届くQRコードを利用した送り状発行、コンビニや宅配ロッカーから回収品の発送ができます。

リコール・自主回収サポート

  • コンサルティングから回収実務・アフターフォローまでリコール業務の全てをワンストップでサポートするサービスです。

効果

  • お客さまに寄り添った回収方法を用意することで、自主回収に関わるストレスを削減。
  • 最短1日で自主回収をスタートし、お客さまの不安や不満を軽減。

導入の背景(課題)

ある日、急に発生する自主回収。そのリスクについてなんとなく認識はあるものの、意識や対応の備えが後手に回ってしまい、運用方法を確立することができていませんでした。もし発生してしまった場合はお客さまにご迷惑をおかけしないように対応することが重要です。初動でいかにスピーディーかつスムーズに回収できるかが肝となり、対応が遅れることでさらなる炎上を招く可能性もありますが、起きてもいない自主回収に対して具体的な策が立てづらい状況でした。

導入による効果

このサービスを導入したことで、お客さまはスマートフォンに届くQRコードを利用した送り状発行、コンビニや宅配ロッカーから回収品の発送できるようになりました。また、回収から返金までの時間短縮にもつながり、お客さまの自主回収に関わるストレスを削減できました。対応業務そのものをヤマト運輸にお任せすることで、今後の改善案を社内で議論することに時間を割けるようになりました。

ヤマト運輸ならではのポイント

  • コンビニ・宅配ロッカーからの発送、スマートフォンでの送り状作成に対応し、回収品を発送いただく際のお客さまにかける負担を最小限に抑えます。
  • 専門のアドバイザーがワンストップで対応することで、最短1日で自主回収を開始できます。
  • 自主回収専用のコールセンターやWeb受付サイトを併設。受付から回収・返金までを一貫して対応します。

関連情報

サービス

セミナー